OSS-DB試験の新バージョンがリリース! 従来のVer.2.0と新しいVer.3.0のどちらを受験すべきか?

PostgreSQL
※アフィリエイト広告を利用しています

ITエンジニアのYukiです。

2023年2月、PostgreSQL資格試験のOSS-DBに新バージョンの3.0がリリースされました。

従来のVer.2.0も6か月、つまり2023年7月までは受験可能とのことです。

どちらを受験すべきか考えてみました。

2023年7月31日まででOSS-DB試験のVer.2.0は受験できなくなりました。
8月以降はVer. 3.0の方を受験する必要があります。
2023/8/6 追記
OSS-DB Silver Ver. 3.0 の変更点と対策について新しくまとめました。よろしければ、こちらを参考にしてください。

Photo by Mylon Ollila on Unsplash

更新履歴

  • 2023/7/31 OSS-DB Ver. 2.0 終了について追記
  • 2023/7/16 OSS-DB Silver Ver.3.0の認定教材について更新
  • 2023/2/18 OSS-DB Gold Ver.3.0の認定教材について追記
広告

Ver.2.0が受験可能な間は、2.0を受験すべき

両方のバージョンが受験できる今、従来のVer.2.0と新しいVer.3.0のどちらを受験するか迷うところです。どちらを受験するのが良いでしょうか?

結論から言うと、SilverもGoldも、Ver.2.0が受験可能な間は、古いVer.2.0を受験したほうが良いと考えます。

一つ目の理由は、従来のバージョンの方が試験対策が出そろっているため、準備しやすいことです。

そして、二つ目の理由は、古いバージョンの資格でも、取得後の評価はあまり変わらないことです。

資格取得の意味は、必要な知識を効率的に身に着けられることと、それを身に着けたという客観的な評価が得られることだと思います。

そのどちらもVer.2.0の方が優れている、またはそれほど変わらないということなら、Ver.2.0で受験するのがよいと考えます。

以下、詳細を述べます。

Ver.2.0で受験すべき4つの理由

試験対策が容易

SilverもGoldも、従来のVer.2.0は試験対策が出そろっているので、勉強方法にはそれほど苦労しないと思います。

特にSilverは、問題集サイトのPing-tで演習をこなせば、多くの人にとって合格は難しくないでしょう。Oracle Masterを持っていたり、すでにDBに関わっているITエンジニアのかたであれば、1、2か月で準備可能と思います。

Goldについても、Oracleなど他のDBに詳しいひとでSilver取得済みなら、半年あれば間に合うと思います。実際私の場合は、2か月の計画に対して8カ月かかってしまいましたが、さぼってた時期があるので、半年くらいでも十分可能と思います。

よろしければ、私の受験体験記「100日でPostgreSQLをマスター(OSS-DB Silver/Gold受験日記)」もご参考にしてください。

効率的に学習できる

従来のVer.2.0は、受験対策がすでにあるため、効率的に学習できます。

資格取得のメリットの一つは、必要最低限の知識を効率的に取得できることだと思います。

Silverなら認定教材の緑の本とPing-tGoldなら定評のある本で学習するというように、効率的な勉強方法があります。

一方、Ver.3.0を受験しようと思っても、認定教材やPint-tも対応していません(2023年2月15日現在)。手探りで勉強するか、認定教材などが出るのを待たないといけません。

すでに資格取得を考えているなら、待っている時間が持ったないです。

2023/2/18追記
Goldの方は、Ver.3.0の認定教材が出ていました。
OSS-DB Gold 攻略会」さんからnoteの月額サブスクリプションで出ています。
(→LPI-Japan公式の認定教材紹介ページ
テキストのみだと1000円/月、問題集付きだと3000円/月とのことです。
(主に企業や教育機関向けに学習管理システムも3月リリース予定だそうです。)数か月購読するとしても、数千円で対策できるのはありがたいですね。
私は購読してないのですが、認定教材なので試験範囲は網羅されているはずです。
Ver.1.0対応のテキストを買うより良い気がします。
まずは1か月だけ試してみるのもよいかもしれません。コメントをいただいたハンムラビさん、ありがとうございました。
2023/7/16追記
Silverの認定教材も出ていました。
Ver. 2.0にあった緑の本もVer. 3.0に対応していました。(「OSS教科書 OSS-DB Silver Ver3.0対応」)ただ、Amazonだと予約待ちになっていますね。(2023/7/16現在)
また、OSS-DB Silver攻略会の有料note(「OSS-DB Silver 攻略会 Ver.3.0対応」)も出ています。
2023/7/10 Ping-tのOSS-DB Silverの問題集がVer. 3.0に対応したそうです。(ただ、LPIの認定教材にはなっていないようです)7月末までに準備が間に合わない方は、Ver. 3.0で受験するのもよいかもしれません。
ただ、すでにPostgreSQLについてある程度の知識がある場合や、Oracleなど別のDBに精通している場合は、一日1時間くらい勉強できれば、最短2週間くらいで準備できると思います。Silverの勉強法は、「100日でPostgreSQLをマスター(3日目)~OSS-DB Silverの勉強方法~」の記事を参考にしてください。PGEConsの「PostgreSQL自習書」を読んだ後に、Ping-tのWeb問題集で演習するのが最速だと思います。

古いバージョンでも資格の価値はあまり変わらない

古いバージョンだと資格としての価値が低くなるのではないかと心配になるかもしれません。

実感としては、古いバージョンでも価値はあまり変わらないと思っています。と言うのも、資格取得後の実務経験の方が大事だからです。

たとえば、昔、さらに古いOSS-DB Gold Ver.1.0を取得していたとして、その後、PostgreSQLの実務経験を積まれている方がいたら、Goldを持っている人という評価になると思います。

前のバージョンということでそれほど気にする必要はないと思います。

受験が間に合わなかった場合もリカバリ可能

受験可能な期間が、残り半年ないということで、間に合わなくなるリスクが気になるかもしれません。それについても、それほど気にする必要はないと思います。

準備が間に合わなかった場合は、さらにVer.3.0の範囲を学習してから、Ver.3.0の方を受験すればよいからです。

Ver.2.0とVer.3.0では全く別のことをするというわけではありません。どちらもPostgreSQLの試験です。間に合わなければ、Ver.3.0の分を追加で学習するだけです。

古いバージョンに関する知識が無駄になるような気もしますが、もしかしたら、古いバージョンを触る日が来るかもしれません。それに、機能がアップグレードされた様子を知っているのも面白いかもしれません。

Ver.3.0での試験範囲の変更点

Ver.2.0で受験するとしても、Ver.3.0でどのように変わるのかは、押さえておきたいかもしれません。簡単に変更点をまとめました。

対象バージョンのアップデート

Silver、Goldともに、Ver.3.0では対象バージョンが上がりました。PostgreSQL12~14を対象としたものになっています。

一方Ver.2.0は、PostgreSQL 11までを対象としていました。

ちなみに、PostgreSQLの最新バージョンは、2022年11月にリリースされたPostgreSQL 15です。PostgreSQLは、毎年リリースされているので、PostgreSQL 11は約4年前のバージョンになります。

広範囲化

SilverもGoldも試験範囲が広くなっています。一部、削除された項目もありますが、学習が必要なことは増えている気がします。試験としてはVer.3.0の方が難しくなるかもしれません。

詳細は、比較資料がLPI-Japan公式のOSS-DBのサイトに公開されています。(PDF)

以下、気になった違いを挙げてみます。

Silver

非構造化データ

JSONなど、非構造化データが出題されるようになるそうです。

時代に合わせて、PostgreSQLの機能も進化していますね。

レプリケーション

これまで、Goldの範囲だったレプリケーションに関して、基本的な問題がSilverでも出るようになります。ストリーミングレプリケーション、ロジカルレプリケーションの両方が出ます。

実運用でもよく使われる、レプリケーションは、Silver取得者にも知っておいてほしいということでしょうか。

レプリケーションとは何かについては、「LPI-Japan公式>OSS-DB>OSS-DB道場」の記事がわかりやすいです。ストリーミングレプリケーションは、オススメ!OSS-DB情報 「第10回 レプリケーションについて(その1)」、ロジカルレプリケーションは、PostgreSQLの新機能「第1回 ロジカルレプリケーション」がわかりやすいです。

Gold

外部データ連携FDW

Goldの出題範囲には、FDWが追加されるそうです。

FDWについては、PostgreSQL公式サイトLet’s PostgreSQLの記事の「外部データとの連携 ~FDWで様々なデータソースとつなぐ~」がわかりやすいです。

まとめ

2023年2月のOSS-DB Ver.3.0リリースにともない、新旧どちらのバージョンの試験を受けるか考えてみました。

私としては、受験可能な7月までは、対策しやすいVer.2.0での受験をお勧めします。取得後の資格の価値は古いバージョンでもそれほど変わらないと思います。

また、Ver.3.0では出題範囲が広がる分、難しくなるのではと懸念します。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ご意見、ご感想などありましたら、ページ下のコメント欄からお気軽にコメントください。

この記事が役に立ちましたら、下のボタンからシェアしていただけると嬉しいです。

それでは。

 

コメント

  1. ハンムラビ より:

    一応補足させていただくと、2/8時点でGoldのVer.3.0に対応した教材が出ているようです。
    https://oss-db.jp/learning
    https://note.com/watary687/membership
    そうなるとGoldに限った話なら1に関しては(さすがに5万円弱の教材は買う気がしないので)Ver.3.0に軍配が上がる気がしております。

    • 情報ありがとうございます。
      GoldはVer.3.0の認定教材がもう出たんですね。
      Ver.2.0を受験したときはちょうどよい教材がなかったので、いいなあと思います。
      Ver.3.0ならFDWの勉強もできますし、面倒なサイズ見積の問題もないので、GoldはVer.3.0もありかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました